園便り

~残暑見舞い申し上げます~

2019年08月14日 ふるいちからの園便り

お盆休み最後にノロノロと中四国地方を直撃する大型台風10号…その進路と通過速度から自然災害等で悪影響が懸念されるばかり。そして、気象図に目を凝らすと、台風11号の卵がフィリピン沖に発生中。今月は台風発生に目が離せない1ヶ月となりそうです。早め早めの対応で危険回避をしていくようにしましょう!!今週は、お盆休みウィークで休みが多く、登園児も少数とあって普段と違い、0~5歳のみんなで一緒に過ごしました。
 
暑い夏、今夏より懇意にして頂いている農園の方々からこどもたちにサマーギフトを届けて頂きました。お借りしている農園で栽培中のキュウリ、スイカ、丸ナス、トマトやウリと夏野菜をドカッとたくさん!!そんな旬の夏野菜にこどもたちも大いに元気を分けて貰えるとあって、さらにパワーアップすること請け合いです。お世話になりっぱなしなので、近々お返しのプレゼントを考案中です。
 
今回は、こどもたちの”夏ならではの遊び”の風景をご紹介します。普段、土曜日は水遊びをしないことが多いのですが、今回は”泡遊び”に興じてみました。泡だらけのプールにみんなは大興奮!!「ふわふわっ~」と泡の感触を手で確かめるかのように楽しんだり、誰彼ともなく悪戯っぽく身体に泡をつけたり、つけられたり…その度に”フゥ~”と吹き飛ばして盛り上がっていました!!未満児の子たちもそんな和気藹々の光景を傍でじ~っと観察し、今度は自分とばかりに見よう見まねで”エイッ~”と泡をつかんだり、”フゥ~”と泡を吹き飛ばして喜んでいました。
 
所変わって、未満児の”粘土遊び”と”絵の具遊び”の様子です。2歳児は、今まで経験のある、少し柔らか目の小麦粉粘土から普通の粘土の感触違いに馴染めないようで少々、戸惑い気味…しかし、遊んでいくうちに段々と手に馴染んでいったようで次第に”丸める”や”伸ばす”ことで頭の中の想像物に近い形に仕上げていき、満足気でした。これは結構、こどもたちには好評だったようで「また、したいぃ~」の声が多く上っていたのでまたの機会に楽しみたいと思います。
 
一方、0&1歳児は絵の具遊びにご満悦の様子でした。こどもたちがマカロニに絵の具を色づけをして遊ぶのですが、開放感一杯の戸外という環境も相まって、こどもたちの興奮度はいつにもまして上昇し、ダイナミックに遊べていたのが何よりでした。これからも当分、高温多湿の残暑が続く日々だと思いますが、このような夏ならではの遊びで心身ともリラックスし、楽しめる場を設け、残暑を吹き飛ばし、元気に過ごしていけるようにしていきたいと思います。


2017年以前の園便り