園便り

”かける”の大好き!!

2019年08月20日 ふるいちからの園便り

今年は、”だんご3兄弟”ならぬ台風3兄弟の襲来が入れ替わり立ち代わりで大変なお盆休みとなりました。その後も、日中は不安定な天候続き…そんな中、日が沈みきった秋の夜長には虫の音が何処からともなく聞かれ、疲れ切った身体を癒してくれる今日この頃となっています。季節の変り目で夏の疲れも出やすい時期ですので健康には引き続き、気をつけていくようにしましょう!!
 
こどもたちに大人気の体操教室ですが、日頃の練習の成果を披露できないものかと、体操の先生と相談。運動会当日には、こどもたちの生き生きと取り組む様子をご覧いただけるように、運動会に向けた練習も取組みはじめ、その様子をお伝えしたいと思います。
 
<未満児>
大まかな競技種目としては、”かけっこ”、”はいはいレース”や”障害物競走”となっています。みんなは、”よーい、ドン!”の合図でゴール地点の先生めがけて一目散。だって、そこには先生が両手を大きく広げて待ってくれているので、みんなは余計に力が入る、というもの。そして、お約束の”ギュっ~~”と抱きしめてもらい、大満足!!一方、サーキット競技の要素を取り入れた障害物競争では、マットでの前転が好評です。2歳児の流れるような前転に続き、見よう見まねで続く1歳児たち。ですから、マットには前転の順番待ちをする人だかりができてしまう始末…先生は、一人ひとりへの「できたね!すごいじゃん!!」の声かけがこどもたちのやる気にさらに火をつける結果となり、”マットde前転”は大人気の種目の一つとなっています。
   
<以上児>
未満児同様に、”かけっこ”や”障害物競走”に加え、”組み体操”を披露させて頂く予定です。障害物競走では、フラフープのケンケンパーから跳び箱によじ登ってからのジャンプに続いて鉄棒のぶら下がり等、内容も盛りたくさんでこどもたちはやりがいを感じながら取組んでいます。
  
そして、4歳&5歳児による”組み体操”は、片足バランス、オットセイ、ブリッジ、ピラミッド…など多彩な内容で見応えも十分ですのでご期待下さい。こどもたちは純粋に体操運動を楽しんでいますが、心の中では運動会への思い入れも別にあるようで「ここはこうよ」等と真剣なまなざしで一つひとつの競技種目をこなしていく姿が何とも頼もしく感じています。
 
こどもたちは、運動会に向け、これらの競技種目を披露するにあたり、きちんとできるようにしたいとの目標を新たにもって取り組んでくれていますので当日は、きっと一回りも二回りも成長した姿をお見せできること、請け合いです。どうぞご期待下さい。


2017年以前の園便り