園便り

~ご無沙汰してます、おじいちゃん&おばあちゃん!!~

2019年09月20日 いつかいち(本園)からの園便り

我が愛する郷土のプロ野球チーム、広島東洋カープは今シーズン、セリーグでV9の巨人以外に成し遂げたことのないV4を目指して戦ってきました。しかし、結局は投打のバランスが最後の最後までかみ合わないまま終盤まで来てしまい、自力優勝の可能性が消えてしまったのは残念な限りです。ただ、シーズン前から大きな戦力ダウンが指摘されていたのに、”打”が不振の時は”投”が踏ん張り、その逆もありで浮き沈みの激しかったもののよく健闘したシーズンと言えるのではないでしょうか。ここは、気持ちを切り替えてCSで大いに暴れ回り、昨年のパリーグのSBばりに下克上を実現してもらいたいものです?!残り試合数が少ないのが少々、不安材料ですが…
 
今週月曜の”敬老の日”を前に、当園が移転前から定期交流させていただいている老人施設への世代間交流の一環で慰問してきました。そのことは、こどもたちにも頭にあるようで時期が近づいてくるとワクワク、ドキドキと胸をときめかせているのが表情から分かります。そんな気持ちは、当日ともなると最高潮に達し、どの顔も緊張感に包まれた様子だったので少々、心配しましたが…施設に到着し、開口一番「おはようございます」の元気な挨拶で、みんなはそれまでの緊張の糸もほぐれ、普段の表情に戻れていたので安心しました。
 

まずは、おじいちゃん&おばあちゃんに披露するために毎朝、練習してきたダンス(エビカニクス&ディズニー体操)を披露しました♪ダンス大好きなみんなは、この日のためにカラフルなポンポンを持ち、元気よく最後まで笑顔で踊ることが出来ました☆その様子を見ていたおじいちゃん&おばあちゃんは思わず「かわいいねー💖」や「上手だねー👏」と感心した声が上がり、拍手が沸き起こっていました。その後は、一緒に(手をたたきましょう等の)手遊びを楽しみました。歌詞に合わせ、”笑った顔😁”や”怒った顔😡”を「こうやってやるんだよ!」とおじいちゃん&おばあちゃんの前でやって見せる等、のふれあいを繰り返す中で施設の方々との距離も一気に縮んだ感じを受けました。

 
今回は、さらにおじいちゃん&おばあちゃんと親しむ場を持つために質問コーナーを新設(?)しました。それらは、年長の子が考えた(好きな色は?好きな花は?や好きなアイスクリームは?)質問をこどもたちが手書きしたものを司会者が無作為に選び、こどもたちがカードを携えておじいちゃんやおばあちゃんの前に行って質問をする、というもの。間近で聞くというのは、照れもあってモジモジ状態もありましたが、おじいちゃんやおばあちゃんとの丁度いい間合いや愛嬌のある回答も続出とあって、なかなかの”ほのぼの感”に包まれたひとときとなっていました。
 

最後は、園のみんなで作った絵をプレゼントしたのですが、これがこの日の思い出としておじいちゃんやおばあちゃんの心にいつもまで刻まれるといいなぁ~と思っているところです。逆に、施設の方からはこどもたちに手作りのブレスレットを用意していただき、これにはこどもたちも大喜びでした‼園に帰ってきて、今日の感想を聞いてみると「緊張したー!」や「恥ずかしかった!」が大半の中、「頑張った!」という言葉も飛び出し、こどもたちのやる気と充実度をうかがわせるものだったのがよかったと感じています。普段、お会いする機会はなかなかありませんが、”敬老の日”を機に、このような機会を持つことは双方にメリットのあることだと思いますので今後も引き続き、交流をし、深めていければと思っているところです。


2017年以前の園便り