園便り

🍂お外は、気持ちいいね~💚

2019年10月01日 ふるいちからの園便り

秋晴れの心地よさとは裏腹に気まぐれ台風坊やの場外乱闘の影響で日中の不快指数は依然、高止まり状態・・・しかし、いよいよ今週末に開催予定の運動会に向け、こどもたちの熱気を帯びる最終調整が連日、積み重ねられています。ただ、そこには季節はずれの真夏日が大きな壁として立ちはだかり、こどもたちは試練に耐える日々を過ごしています。当日は、みんなの思いがきっといい形となって発揮されることになると思いますのでご期待下さい。
 
今回は、運動会の練習の息抜きがてらお散歩にお出掛けした未満児の様子をお伝えします。保育スタッフの「お外出るよー!!」の呼びかけに待ってましたとばかりに大喜び。みんなは、それぞれ引出しから帽子や靴下を取り出し、おもむろに靴下を保育スタッフに突き出して”手伝ってポーズ”をし、履かせ終わると決まって「……ちた(できた)❣」とあどけない笑顔を返してきます。
 
園の駐車場では、誘導ロープde電車ごっこで暫し、「しゅっぱ~つ」や「とうちゃーく!」で移動して遊びます。それからは、駐車場での探索活動が開始されます。まずは、駐車場に張り巡らされたフェンス越しに見える小川。時折、川面に葉っぱがユラユラと揺られながら流れてくるのを見つけると「あ~っ!」と発見した喜びを表現し、”いってらっしゃい”よろしく「バイバ~イ」と手を振って見送る姿が何とも愛らしく感じられます。また、隣のビルの基礎部分が段差が丁度いい高さの談笑場所と化し、ニコニコで何やらお話しているのも見受けられます。ちょっと前まで、トマトのプランターが置いてある草むらにはお花が咲いている植物があったりで、「あっ、お花!」と物珍しそうに観察していました。
 
また、公園で予行演習をしている以上児の練習の様子を見に行きました。公園までの道程は、(未満児の)みんなには長いものと思えるのですが、開放的で刺激の多い”外の環境”はそれを苦にさせないものがあり、軽い足取りで進んでいきましたよぉ~。ですから、みんなは本来のお兄ちゃんやお姉ちゃんの見学そっちのけで、大きな木の根元に広がる落ち葉の絨毯に腰を下ろし、落ち葉を拾い上げたり、サラサラと音がする落ち葉の道を歩いたりと暫し、思い思いに楽しみました。その後は、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちの真剣なかけっこぶりを見たりして感心のまなざしを向け、見学をしていました。季節は、来週くらいから本来の気候になるようですから外気浴も兼ね、外遊びを復活していきたいと思います。


2017年以前の園便り