園便り

👧運動会まであと・・・👦

2019年10月02日 いつかいち(分園)からの園便り

”秋の日はつるべ落とし”とは言いますが、日没時間が目に見えて早くなってきましたね。ただ、朝夕とは真逆の日中の真夏日が季節感を失わせる今日この頃。いずれにしましても、寒暖差のある時季で実際、発熱などで体調不良に陥る子も散見されるようになってきましたので引き続き体調管理をしながら、楽しい外遊びができるようにしていきたいと思います。
  
こどもたちは運動会がいよいよ来週末に迫ってきており、多少なりともその雰囲気を感じ取り、練習にもより身が入っている感じを受けます。今回は従来と違い、2歳児が1歳児と手をつなぎ、仲良く入場行進をするところからスタートします。2歳児は、保育スタッフの「練習するから相手をみつけてきてね~」の呼び掛けに早速、優しく手を差し伸べパートナー探しをしていき、整列するよう促していく姿は「さすがっ!」と感心させられます。逆に、そんな頼れる存在のお兄ちゃん&お姉ちゃんに寄り添い、いろんなことを吸収しようとする1歳児の素直さはまるで仲良しこよしの兄弟姉妹のよう。当日もこんな仲睦まじい様子がご覧いただけますように!!
  
次に、運動会の花形競技の一つ、”かけっこ”の様子についてです。まずは、1&2歳児はスタートラインでの出欠点呼で、一人ひとり「はい!」と元気よく返事をし、〝よ~い、ピッ!〟と笛の合図でゴールに向け、全力疾走しています。走り終えた後、みんなは達成や爽快感から一様に清々しい表情をしているのが印象的です。それだけでなく、他の子の番には「〇〇くん、ガンバレ~!!」など拍手と声援を忘れずに送る姿は仲間意識がしっかりしているなぁ~と改めて感心させられます。満1歳児の子も、上の月齢児に負けじと頑張って取り組んでいます。一方、0歳児はマットの上でハイハイレースです。当日はゴールにお家の方が両手を広げ待ち受ける形をとりますが、今はお気に入りのおもちゃを目指して笑顔でハイハイして頑張っています。当日の本番も、このように日頃の頑張りが十分に発揮できればいいなぁと願うばかりです。
  
他に、運動会準備としては、当日のプログラムや応援グッズづくりにも精を出しています。応援グッズのメガホンでは、それぞれ思い思いにクレパスで絵を描いたり、スタンプをしたり、貼り絵をしたりして彩どりよいものを作成していきました。早速、出来映えの良さにご満悦の様子で、模擬応援の声は保育室内に大きく響き渡っていました。当日は、これで賑々しく応援してもらえると、こどもたちの底力が如何なく発揮されること間違いなし、ではないでしょうか?

当日は、このような日頃の様子が発揮できたり、できなかったりする場合があるかもしれません。でも、みんなの一生懸命さには変わりありません。どうぞ当日がこどもたちの思い描く形になりますように!そして、どうぞ温かいご声援をよろしくお願いします!!


2017年以前の園便り