園便り

運動会は万全?!

2019年10月09日 いつかいち(本園)からの園便り

10月ともなると、さすがに”残暑の理由なき居座り”もようやく姿を消しかけてきました。ただ 先月同様、季節の変り目であることと寄せては返す波のような台風の影響で不安定な天候となっていて、こどもたちの体調管理には細心の注意と対応を図っていくようにしたいと思います。

 
さて、今週末の土曜日はこどもたちが心待ちにしている運動会開催となります。そこで 今回は、その練習の様子をお伝えしようと思います。先月中旬頃から順次、月齢毎に取組む競技を整理し、はじまった練習ですが、早いものでそれも残すところ僅か・・・在籍園児にとっては以前の運動会のイメージが鮮明に残っているようで「この前は、ぴかぴかうさぎのマーチしたよね!」とか、
「ありがと⇆大丈夫の曲流して〜」と昨秋の遊戯の振りを寸分の間違いもなく演じきれる記憶力には驚かされるばかりです。

 
一方、今年度から新に加わった園児にとってははじめてのことで期待と緊張の入り混じった複雑な心境で運動会に臨むことになります。しかし、そこは柔軟性と順応性の高い園児たちなので一通りの説明や在園児の仲間が見本を見せてくれることで少しずつ不安を解消しながら自分の形づくりを進め、次第に自信に満ちた顔つきや仕草となっていくので心強く感じています。

 
こどもたちにとって運動会で実施される各競技や演目の中でも大人気なのが”お遊戯”、今風に言えば”ダンス”。最近は色んなジャンルの音楽が日常茶飯事的に流れていることもあり、音楽に馴れ親しむ機会がたくさんあることも自然と入りやすいのかもせいませんね?! ですから、お遊戯の楽曲が流れると、こどもたちの身体は自然と反応し、無駄のないスムーズな動きで”お遊戯”をこなす姿が見られます。担当外で控えで待っている場合でも、他の月齢のお遊戯にも注目し、背後で同じように振り付けを覚えようとする向学心旺盛な面々、です。それは、(公式?の練習時間に限らず)こどもたちの方から「また練習したい!」や「まだ練習したい」という積極的な声が上ることから、急遽(自由参加の形ですが)ダンスタイムが自由遊び時間にはじまることもしばしばとなっています。

 

また、運動会といえば”かけっこ”が代表的な競技として挙げられますが、その練習では「よ~い」とスターティングポーズで差し出した手と同じ側の足が出てしまうことで上手く走れなかったり、はたまた笛の合図を我慢しきれずにフライングをしてみたりと、色々とありました。そんなこんなを繰り返しながらも、笛の合図を聞き、ようやくタイミングよくスタート出来るようになってきました(^^♪どうやったら早く走れるだろうか…とこどもたちなりに考えて練習に取り組んでいるようなので何よりだと感じていて、当日が楽しみな限りです。

 
その他として、以上児の個人競技にご注目いただきたいと思います。それは、体操教室で楽しんでいるマット運動やクッションマットの飛び石など、日頃楽しみながら取組んでいる内容が盛り込まれているからです。”マットde前転”の際には「手をパーにして〜、頭の後ろにして〜」と、体操教室での教えを反復しながらスムーズで綺麗な前転ができるように取組んでいます!どうぞ本番では、その自信に満ち溢れた、かっこいいこどもたちの姿をご覧下さい!!

 

昨年度よりも着実に身体および精神の両面において格段に成長を遂げているこどもたちと言えますので、当日の活躍をご期待下さい。そして、それは何よりも保護者の方々の温かい声援にかかっているとも言えますのでよろしくお願いします。


2017年以前の園便り