園便り

いよいよ発表会目前・・・あんなことこんなことの巻

2020年01月29日 ふるいちからの園便り

地球温暖化と言われて久しい今日この頃。今冬は、まさに地で行くように雪も氷も霜もなし・・・残り僅かとなった期間に少しだけでも「冬らしさ」が見られるといいのですが・・・はてさて、どうなることやら?また、突如として発生した新型コロナウィルスの感染が全世界に蔓延する勢いで心配される状況が続いています。完全な予防策はありませんが、基本は手洗いにうがいの励行に十分な休息で免疫力を維持することのようです。他の感染症と同様に予防に努めていくようにしましょう!!
 
今回は、誕生日会、食育、カレンダーや壁面製作などをご紹介したいと思います。毎月1回、誕生日会をしています。こどもたちの楽しみは、みんなでお誕生日の唄を歌って祝い、ご覧のような(フェルト製の)バースディケーキに立てられたロウソクの火をフッ~と息を吹きかけ、消すことのよう。今回は、今年の干支・子(ねずみ)が遊びに来てくれ、みんなは総立ちで大喜び。そのネズミさんが「ぼくの話がはじまるから楽しみにしてねぇ~」と話しかけられ、保育スタッフによるペープサープの出し物がはじまりました。これもお誕生日会の楽しみの一つとなっています。
 
次に、食育活動をご紹介します。いつもの保育スタッフに替わり、調理スタッフによる(食育に関する絵本の)”たべてあげる”の読み聞かせのはじまり、はじまりとなりました。調理スタッフがこどもたちにとって直接、担当したのも新鮮だったようでいつもにもまして聴き入っていました。絵本の題名からも連想されることですが・・・ストーリーは好き嫌いの多い”ぼく”の代わりに”小さいぼく”にいろんな物を食べてもらった結果、”小さいぼく”が”ぼく”よりも大きくなり、最終的には”ぼく”が呑み込まれてしまう、というショッキングなもの。それがこどもたちにはかなり効果的に働き、好き嫌い傾向の子も普段にもまして、箸が進むということに繋がっていたのはいい機会だったと思います。
 
≪カレンダー製作:未満児≫
0&1歳児は”豆まき”、2歳児は”バレンタイン”を題材にしたカレンダーづくりを進めています。1歳児は、自分たちのつくった”👹鬼”や豆を「「おにはそと~♬」と軽妙に口ずさみながらのりづけして楽しんでいました。また、2歳児は、台紙にトイレットペーパー芯を活用したハート型のスタンプでいろんな色をペッタン、ペッタンして楽しみながら頑張っていました。いつもなら何重にも重ねた形でペッタン、ペッタンすることが多いのですが、この日ばかりはハート型が重ならいように色付けしていたのには感心させられました。
 
≪壁面製作:未満児≫
毎月、保育室に入った正面側に季節感溢れる壁画づくりをしています。来月は、”温泉”がテーマ。それは、カピパラとサルが一緒に気持ちよさそうに温泉に浸かっている様子を表しています。未満児は、カピパラづくりで(広告紙の)シュレッダー状のものを髪に見立てたり、(身体の部分の)台紙に切り込みを入れたところに毛糸を巻いたりして準備をしていきます。ほのぼのと、ほんわかした雰囲気の壁画の出来となっていますのでどうぞお楽しみに!!
 
≪発表会にむけて:以上児≫
2月はいよいよ発表会があり、その練習も佳境に入ってきました。劇あそびでは、実際の衣装を身につけ、自分たちで考えた台詞や身振り手振りも部分もあって、こどもたちなりに自然な振舞いで演技できているのが見所かなと思います。また、楽器などの演奏ではできることが多くなってきていることもあり、多少の弾き間違えなどは臆することなく堂々とした態度で演奏できているのが頼もしく感じています。発表会の背景画などもこどもたちの手作りとなっていますので、そんなところにも目を配っていただけると、こどもたちの励みとなりそうですのでよろしくお願いします。


2017年以前の園便り