園便り

あちらこちらで桜は見頃ですねぇ~

2020年04月08日 いつかいち(本園)からの園便り

春の柔らかな陽射しが回りを明るく暖かくしてくれ、一段と季節が進んでいることを実感させてくれる今日この頃。色とりどりの花々もそうですが、今までのくすんだものから生き生きとした木々の緑も街並みに彩りを添えてくれています。「さぁ~、外へ出掛けるぞぉ~!」と思わず言いたいところですが・・・今はコロナ騒動でそうもいきそうにありません。でも、この見えない大敵に対峙(and 退治)し、終息の目途をつける意味でも辛抱のしどころと考え、出来ることを愚直に実施して、”明けない夜はない”と信じ、みんなでその夜明けを迎えられるように頑張っていきましょう!!

今年は暖冬だから桜の開花も例年以上に早まる、との観測がありました。実際、桜の開花は全国的に早まったようですが、途中の寒の戻りなどもあり、蓋を開けてみるとお花見は例年通りの時期なので安心しました。園の近くには、親子が仲睦まじく遊泳する鴨をはじめ、水鳥が鑑賞できる八幡川があります。その川沿いには桜並木があり、お花見の頃には、お花の街灯で照らされているかのように川面に移る光景に出遭うことができます。そんな壮観な様を目に焼きつけようと、みんなでお花見散歩にお出掛けしてきました。


お花見は見上げるのが基本ですが、ここのは川の土手の下側に植えているので冒頭の写真のように丁度、こども目線で鑑賞ができます。ですから、こどもたちも普段以上に桜のお花をじっくりと鑑賞でき、思わず「きれい~」や「すてきじゃねぇ~」とお花見の感想が聞くことが出来、何よりでした。この時季には、いつもなら造幣局で八重桜などが鑑賞できる桜の回り道があるのですが、これもコロナ関係で今年は早々と中止となってしまいました・・・その分、こちらの桜で存分に楽しめたらいいなぁ~と願っているところです。所変わって近くの公園では、小高い木から四方八方に伸びる枝に優雅に咲き誇る桜鑑賞を暫し、満喫しました。こどもたちはの偉いのはそれだけに止まらず、木々にはちょっとした発見も見落とさずに「これ、見てぇ~」と昆虫の動きに暫し、目が離さずに集中する昆虫博士に変身する、という柔軟さがあったことでした。

桜の楽しみ方はお花見だけでなく、見頃を終えた花びらがヒラヒラとそよ風に誘われるように散っていき、地面を覆っていきます。こどもたちは、その淡く可愛い桃色の花びらを大事なものでも見つけたように、大切に手の平に集めていきます。そんな愛おしむ姿もこどもの心の中で何が育まれているようで良かったなぁ~と感じています。また、小枝を見つけてきては、地面のキャンパスにジロジロと、めいめいがお絵描きを楽しむ姿もありました。このような形で春の陽気に触れ、季節を感じるひとときが体験できたのは何よりだと思います。ただ、手ごわい敵の恐怖はなかなか消えそうにありませんが、こどもたちに適度な運動も取り入れ、室内ではこまめな換気と手洗いなどで感染症拡大防止に努め、こどもたちがストレスをためず楽しく過ごせれるように今後も工夫していきたいと思いますのでよろしくお願いします。


2017年以前の園便り