園便り

~今年も頑張りまぁ~す!!~

2021年01月06日 いつかいち(分園)からの園便り

「あけましておめでとうございます!」とこどもたちの元気溌剌とした新年の挨拶と共に、丑年のスタートなりました。年始を控え、閑散としていた年末の園に こどもたちの元気な声とあどけない笑顔が戻って来ました。今年が、保護者の方をはじめ、みんなとって健康で楽しいことであふれる一年になりますよう、スタッフ一同お祈り申し上げます。
 
今回は、年末恒例行事の一つ、大掃除ごっこの様子からお伝えします。まずは、みんなが使用する椅子の脚や座を雑巾で綺麗、きれいにしていきました。いつも使う椅子に感謝の気持ちを込め、座面やパイプスチールをゴシゴシと雑巾で拭き取っていきましたので、椅子は見る見る内にピッカ、ピカになっていきました。
 
その次に、こどもたちの持ち物を保管する引出しや間仕切りの掃除に取り掛かることにしました。こどもたちは収納ボックスや間仕切りに目を凝らしいると、外枠や間仕切りのすき間に埃が溜まっていたりするのを発見し、取り出したり、雑巾で拭いたりして綺麗にしていきました。
 
こちらは0歳児が掃除ごっこに参戦(?)している様子です。保育スタッフに抱えられ、壁のモール部分に溜まった埃を一緒に雑巾で綺麗にしているのですが、自分のしていることが分かるのか(?)、ちょっとした自慢顔には癒しの効果抜群といったところでしょう。はたまた、こちらは大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんに負けじとばかりに雑巾で窓ふきを披露するに至っては、真似っこ効果はすごいなぁ~と感心させられました。
 
最後は、床掃除で雑巾がけをしました。大きい子は雑巾に両手をつけ、床の端から端を目指し、タッ、タッ~と雑巾拭きをしていきます。まだそれが出来ない月齢の子は、ご覧のようなスタイルで片手で床を綺麗、きれいに拭き取っていきました。そうこうしている内に、園内は見違えるくらいに綺麗になり、新年を迎える準備は万端といったところとなりました。
 
いよいよ年が明け、長い年末年始休み後の初登園はめいめいはじまります。中には、家族団欒からまた集団生活の開始とあって、戸惑いと不安が頭をもたげ、涙姿の子もチラホラ・・・でも、これから元気にみんなと園生活だとばかりに、朝の登園後の身支度もテキパキとする姿にはじまり、朝の会にも積極的に参加する園モードに切り替えが進んでいるのには安心しました。
 
こちらは自由時間で1歳児のブロック遊びの様子。ここ最近、遊びの展開が進化しているようで平面だけでなく立体的なものまでも作り上げる姿には改めて成長を感じる今日この頃です。一方、2歳児は他の子への意識が出て来て、一緒に仲良くコミュニケーションを楽しみながら遊んでいる姿に同様に成長を感じます。
 
最後に、園だよりの給食編でお伝えしております、今月の行事食の七草粥についてです。こちらは絵で七草を確認し、食を通じた健康を祈願した食事会となりました。七草だけだと薬膳のような風味で食べにくさが前面に出やすいので味付けベースは鶏ガラで食べやすくしたこともあり、パクパク・モリモリと食が進んでいたのは何よりでした。これから当分、寒さが続くようなので外気浴も含めた外遊びと室内遊びのバランスをとりながら、みんなが元気に楽しく過ごしていけるようにしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。


2017年以前の園便り