園便り

忍びの道は遠く、険しい?

2017年06月17日 いつかいち(本園)からの園便り

梅雨を飛び越した、”初夏日和”の続く今日この頃。天気がいい日には外遊び大好き人間のみんなは当然、公園へLet’go!特に、お休みが多い土曜日は”少数精鋭隊”でいつも行く公園以外に、より遊具のある公園に足を伸ばしたりします。この日はこどもの足で片道、ゆうに15分は超える小高い丘にある公園に下は1歳から5歳までのメンバーで遊びに行きました。こちらにはいつもの公園にはないジャングルジム的な外観で横に長~い、雲梯風のトンネルで遊んだり、外観は船を模した感じのすべり台で段差のあるデッキ風の台を行ったり来たりしたり、すべり台を勢いよく滑って楽しんだり、ブランコで早朝のすがすがしい風を切りながら楽しんだりと盛り沢山遊びました。中でも、忍びの道を究めようとしている輩の5歳児はすべり台のデッキの裏側すれすれにまで登りつめ、上の様子を伺うかのようにしているのには吃驚でした!これからもまだまだ修行は続くようですかね…!?


2017年以前の園便り