園便り

~保育参観日~

2017年03月11日 いつかいち(本園)からの園便り

気まぐれな春の天候に一喜一憂の日々ですが、ふとまわりを見渡すと春の着実な訪れを感じる光景が広がりつつあるようです。とてもローカルで分かりにくいことで恐縮ですが、園前にあるプランターの中のメダカも冬の寒さで動きが鈍かったのがここ最近は所狭しとばかりに元気に泳ぎ回っています。そこに同居する形の水草も茎から若葉が顔を覗かせ、水面をめざして伸び始めています。草木の色はまだまだ色あせた冬仕様ですが、そろそろ青々とした春仕様に変わっていくことでしょう。梅からバトンを受けるべくふくよかな桜の蕾もその日を心待ちにしているようです。(ただ、個人的には)春の暖かさで一挙に花粉の飛散量が増してきたようで目や鼻の調子が今一なのが玉に瑕、といったところです。さて今日は年度末の締めともいうべき、日頃の園児の様子を保護者の皆さんに見ていただく保育参加&プチ発表会を実施しました。先月末くらいから本番にむけた予行演習を繰り替えてきました。「お父さん(またはお母さん)が来る」から頑張るとは言いつつも、中には心ここにあらずの子がチラホラ見受けられ本番を迎えるのが少々、不安でした。しかし、そんな心配もよそに、というか本番に強いタイプなのか、今日は人が変わったかのように集中力もバッチリでやることなすことバッチグーの状態でした!!朝一番の全員によるディズニー体操を手始めに未満児による手遊びやリズム体操も元気一杯で盛況でした。また、以上児による会の締めとなる小劇”おむすびころりん”も一人ひとりが役を演じきり、なかなかの迫真の演技で見応え十分でした。本当に限られた時間でしたが、みんなが今持てる力を出し切れた感じで何よりでした。この調子なら、きっと来年はもっと成長した姿が見せれること請け合いなので今から楽しい限りです。


2017年以前の園便り