園便り

見て見て~トマトとピーマンができたよ!

2017年07月31日 ふるいちからの園便り

最近、有機野菜とか無農薬にこだわり栽培した野菜とかが健康ブームから注目を浴びています。そんな中、こどもたちにも食卓に上る食材としての野菜に興味関心を持ち、食育の観点で自分たちが育てた、愛着のある野菜を食するきっかけになればとの思いから6月から野菜づくりにみんなで取組みました。時季的にはズバリ”夏野菜”に焦点を絞り、トマトやピーマンづくりにトライです!!

 

みんなで一緒に苗を植え、それからは毎日の水やりでお世話をしていきました。夏野菜の成長は早く、トマトとピーマンがそれぞれ花を咲かせ、花から実へとなっていく様を日々のお世話から観察していたみんなですが、ある時「あっ、トマトが赤くなってるよ!」「ピーマンもあるよ」ととっても嬉しそうに報告してくれました。

そして、「食べようかなぁ~!?」「食べれるの?」との純粋なこどもたちの疑問に「食べれるよ!」と保育スタッフのお許しが出ると「食べよう!食べよう!」と思わず会話が弾んでいたのは印象的でした。とはいえ、枝からトマトを収穫する際は、何か大事なものでも持つかのように慎重に優しくトマトを取る仕草はとても愛らしかったです。そんな初収穫の野菜を「触りた~い」「見せて、見せて」と言いながら、みんなで順番にそっ~と優しく触っていました。毎日お世話し成長した夏野菜の収穫から命の尊さや食材への感謝の気持ちが芽生える、いいきっかけとなったようです!!


2017年以前の園便り