園便り

”芸術の秋”はアートで決まり!!

2017年10月02日 いつかいち(本園)からの園便り

今回、年少のおともだちが「手形」、「足型」や「ちぎり絵」による”アート”に挑戦しました。まずは、各自の手形や足型取りに当り好きな色の絵の具をチョイスし、筆で足の裏や手の平に塗り塗り…筆で足の裏をコチョコチョとくすぐられてニヤリ。一方、絵の具のヒンヤリ感にビクッと反応したりと感触遊びもできました。お互いに見せ合いっこして、「◯◯ちゃんの足は大きいねぇ~」だとか「△△くんのは小さいねぇ…」と大きさや形を品評会よろしく言い合っていました。そんな足型や手形のシルエットで連想される動物に仕上げたり、細かに色紙をちぎってつなぎ合わせて出来上がったものと言えば…そう、季節感たっぷりな”ぶどう”に大変身!!
特に、ちぎり絵のぶどうは房の部分のパーツを細かくちぎったり、大きくちぎったりと工夫を凝らして貼っていったこともあり、出来上がったぶどうの色合いはご覧のようになかなかの出来となったばかりか、その配置もセンス感抜群の仕上がりとなりました。この半年、年少のみんなは色紙等をちぎったり貼ったりと細かい作業も器用にこなせるようになり、手先の発達度には改めて驚かされるものがあります。そんなこどもたちの間から早くも聞こえてくるのは『次は何を作るのかな~?』と芸術の秋を先取りするかのように創作意欲満々の様子でこれからがますます楽しみになってきます!!


2017年以前の園便り