園便り

お団子づくりをしたよ✨

2017年10月12日 いつかいち(分園)からの園便り


今年の中秋の名月は先週の4日。ただ、その週は運動会の準備もあった関係で今週、「穀物の収穫」に感謝し、米を粉にして丸めて作ったのが起源と言われている”お月見団子づくり”を行いました。まず、午前中に手始めに小麦粉粘土あそびで『丸める』練習をした。それででしょうか、午睡前には「起きたら団子つくるんよね♬」と期待を膨らませサッと布団に入り、いつもよりスムーズに寝入っていたように感じたのは気のせいでしょうか…そして、いつもならば「起きるよ~っ」の声に「まだ眠たい~」と布団の上をゴロゴロと駄々をこねるのが常なのですが…それに反して、今日はサッとはね起き、パッとトイレをすませ、そそくさと手洗いをし、自分の席に着き準備万端!!給食の先生から丸めた団子の塊をそれぞれに手渡されると…自分たちでちぎり、思い思いにコロコロと丸めていきました☆

こどもたちの真剣に丁寧に作り上げた、形も大きさも個性的な団子は、待機していた調理スタッフがすぐさまお湯の中で湯掻き、ピッカピカのお団子の出来上がっていきました。 その白くトロッと出来上がった団子を前にして「うわぁ~っ」と思わず大歓声が沸き起こっていました。0・1歳児の子どもたちは保育士と一緒に”きな粉味”や”甘辛い醤油味のみたらし味”にしてお月見団子を仕上げていきました!!
2歳児はちょっとお兄ちゃん・お姉ちゃん感覚で「きな粉」か「みたらし」にするかを自主的に選び、お皿に取り分けていきました。最後は、自分たちのつくったお団子を一口一口噛みしめ「おいしいね♡」と食べ進めていき、今回の料理教室も大満足のひとときとなりました!!

  ☆次回の食育は、「🍙おにぎりづくり」に挑戦‼ 予定です☆


2017年以前の園便り