園便り

ぼくたち、ちびっこ消防士!!

2017年11月08日 いつかいち(本園)からの園便り

当園のある佐伯区では消防署に通報する緊急電話番号の119番にちなんで11月の9日前後に「集まれ、ちびっこ消防士!!」という、近隣の未就学児を対象とした防災体験の機会が設けられています。今年の開催は11/7ということで、そのイベントに参加して来ました。
前日から、『明日はなにするかお楽しみなんだぁ~♬』と心は既に明日の開催予定地へと一足早く飛んでいっているようで、ワクワク・ウキウキ感一杯のこどもたち!!『何があるんかね~』や『人がいっぱいよぉ~』と心待ちの様子が見て取れました。さて、いざ実施会場に到着すると、目の前には日頃、サイレン音に過敏に反応するものの、間近では見ることのできない消防車や救急車の緊急車両群に大興奮✨
          
まずは、華やかな衣装に身を包んだ広島市消防音楽隊のみなさんの「となりのトトロ」や「ドラえもん」の演奏会からスタートしました!!こどもたちがお気に入りの楽曲はもちろんのことですが、新体操のフラッグダンスは普段、なかなか見ることができませんが、そのなかなかの迫力に圧倒されること暫しでした。中でも、対面した方々がお互いにフラッグを高く投げ合って受け取るという妙技はなかなか見応えがあり感動ものでした!!そんな楽しい演奏会もあっという間に終わり、いよいよお楽しみ防災体験会のスタートと相成りました!! 
手始めにトライしたのが、「煙幕テント」。入る前に『煙が口に入らないようにするにはどうしたらいいかな?』と聞くと、『手で口と鼻を抑えるんだよ~』と避難訓練で学んだことをしっかり覚えていた子ども達☺暗いテントの入り口では尻ごむ場面もありましたが、実際に潜り抜けてくると『煙がいっぱいあったら怖いね…苦しいね』と火災の怖さをプティット実感できたようなので何よりでした!!
          
次なるターゲットは、こどもたちに大人気の放水体験。だって何よりも防火服・ヘルメットを着用し、重たいホースをみんなで支えもちいざ放水体験ができるわけですから…という訳で、”にわか・ちびっこ消防士”に大変身~☆彡「防火服もヘルメットも重たかった~」や「水が一杯出るんじゃね~」と実際に体験してみると想像していたものとは違った感触を味わえたのも今回の大きな収穫と言えます!!また、帰り際には消防署から”サプライズプレゼント”も頂戴し、色んな意味で満足のひとときとなりました!!今後、園での避難訓練では今回の体験や経験を十二分に活していきたいと思います。


2017年以前の園便り