園便り

~ミニミニだけど、熱気ムンムンの運動会~

2017年11月13日 ふるいちからの園便り

暦の上では7日の立冬も過ぎ、”向寒の候”となりました。今年の季節の移り替わりは例年に比べ順調のようで朝夕は随分と肌寒さを感じられるようになり、西日本でも初冠雪の便りが届くまでになりました。そんな中、遅まきながら “スポーツの秋”をみんなで満喫すべく、”親子ふれあいミニミニ運動会”を11日(土)に実施しました。子どもたちにとっても園にとっても初めての運動会となるわけでそれに向け、入場行進やかけっこなどの競技等をここ2週間ぐらい頑張って練習を積み重ねてきました!!最初、みんなにとって運動会って「?」だった反応だったものが、次第に理解が進んでいきワクワク感たっぷりの楽しみに変わってきたようです。

それは「これから運動会ごっこするよぉ~」のスタッフの掛け声に対し、きらめく真剣なまなざしのこどもたちの表情が何よりも雄弁に物語っていました。さて、いよいよ運動会当日。日頃の練習通りに事が運べばいいけどなぁ~の願いながら、いざ蓋を開けてみると小さいお友だちはたくさんの保護者の方々を前にして普段とは違う雰囲気に圧倒され、緊張しっぱなしで次第に涙があふれてしまうおともだちもちらほら…一方、そんな姿とは対照的に、物怖じもせず普段の姿を披露するおともだちもいたりと様々でした。それも、一人ひとりの成長過程ですから、次回はまた違った様子がきっと展開されますから、今後を乞うご期待といったところですね?!
                
よちよち歩きのお友だちは保育士と手をつないでニコニコ笑顔で登場すると「まあ~ かわいい~」と保護者の皆様から声があがり、それに応えるかのように張り切ってとってもいい笑顔を振りまきながらのとっても愛らしい入場行進となりました。一方、大きいお友達は見違える程の堂々とした入場行進、そんな感じで運動会はスタートしました。さて競技内容ですが、「かけっこ」あり、「障害物競走」あり、「お遊戯」ありと結構盛りだくさん。そんな光景を通じて保護者の皆様から「こんなことができるようになっていたなんてビックリしました」とか、「毎日楽しみに保育園に行くのがよくわかりました」との驚きや嬉しい声が返ってきたのにはスタッフとしてもやり甲斐を感じました!!そして、こどもたちだけでなく、保護者の方々にも参加して頂き、知らず知らずの内に我を忘れて楽しんで頂ける場面もあり、室内はそんな熱気ムンムンとなっていましたよぉ~。ご参加いただいた保護者の方々からは「次の行事が楽しみです!」とか、「家庭的な雰囲気がいいね~」との感想や要望を頂きましたのでこれから次回のことに頭を悩ませる日々が続きそうです。是非、次回も乞うご期待下さいませ!!


2017年以前の園便り