園便り

雪やこんこん~🎶

2018年01月11日 いつかいち(分園)からの園便り

ホワイトクリスマスは残念ながら叶わず、お正月も比較的穏やかな日和。この冬はもしかしたらこのまま「雪なし」かと思いきや…”あわてんぼうの~♬”ならぬ”お寝坊の冬将軍”が寝起きからあわてて姿を現しました。そうです、今週になって今年・初の積雪を呼び込む厳しい冷え込みの日が続くこととなりました。
 
週半ばの10日夕刻からチラチラ降りはじめ、夜には本降り、そして翌日の11日朝はあたり一面「銀世界」とまではいかないまでも辺りの山々は白装飾をまとうまでに…この時季 雪が降るのはある意味自然なのですが、普段あまり雪生活に慣れていない身からすれば”降り過ぎると”ついつい不安と躊躇の気持ちで頭が一杯になってしまいます。と、思うのは年老いた大人だけかもしれません…
 

こどもたちは、というと全くと言っていい程”逆のリアクション”で窓の外に広がる雪景色が気になって仕方がない様子。早速、2歳児は園近隣の路地に降り積もったスポットを発見するや否や、みんなで雪遊びに興じるためにLet’s go~~。時折、冷た~い風が吹きつけ、さらに雪もチラチラと降り、寒さが手先に堪える中でもこどもたちは全くもって動じることなく、「キャッ~」と笑顔でむしろ元気一杯に”スノウ・エンターテインメント”を存分に楽しんでいるようでしたぉ~☆
 

ただ、入口の部分では「おはつ」ということもあってか、少々慎重なところも見せてはいました。「あっ、雪じゃ!!」と傍まで身を寄せるまではいいのですが、いざ目の前にするとなかなか手を前に出すことが出来ないでいました💦そこで、保育スタッフが試しにまず手に取り「見て、ふわふわで気持ちいいよ♪」と言った途端、ダッダッ~っと降り積もった雪のスポットに集まり、誰かの声がするわけでもなくみんな心の中で「せ~のっ💦」と声掛けし、一斉にグニュと雪を手にしていました!!「冷たいっ!!」、「ふわふわ❤」とこどもたち🎶雪の感触をそれぞれが確かめるかのように感じ、楽しんでいました!!
 
そして、折角なので雪を掻き集め園に持ち帰るためにご覧のようなかわいい⛄雪だるまを作りました。♬本物の雪だるまを目にしたこどもたちは「持ちたい!!!」と雪だるまを手の平にのせ、雪の感触を確かめていました🎶当然のことながら、その後はそれを真似て自分でも雪だるまづくりににチャレンジ!!こうして、⛄雪だるま親子が出来上がったので、園で待機していた0・1歳クのお友だちにお裾分けがてらに持ち帰り見せてあげていました💛
こんな冬ならではの体験・経験も貴重で大切ですね。これからもまだまだいろんなことが出来るような予感がしますし、是非とも積極果敢にチャレンジしていきます!!
 


2017年以前の園便り