園便り

👹あわてんぼうの赤鬼&青鬼、見参~!!

2018年02月02日 いつかいち(分園)からの園便り

今年の節分は、暦の関係で前日の金曜日に実施することになりました。そこで、園にはクリスマス・イベントの際によく出てくる”あわてんぼうのサンタクロース”ならぬ”あわてんぼうの赤鬼&青鬼”に待機してもらうことになりました。そんなことは露ほども知らないこどもたちは、ご覧のような”笑顔”で自ら作ったお気に入りの鬼のお面をつけ、思わず”ピース・ポーズ”を決めたり、余裕しゃくしゃくで「節分の由来」等を学ぶための”ペープ・サート”を見て「ふ~ん、そうなんだぁ~」と納得顔で過ごしていました。

そして、いよいよ”豆まきかなぁ~と次の展開を期待を込めて待っていました。と、そこへ突然、耳をつんざくようなドアを強打する音がしたではありませんか💦保育室は今までの和やかな雰囲気から緊迫したものへと一変。こどもたちの顔からはすっかり笑顔が消え、しきりにあたりをキョロキョロと見回し、防衛本能で”頼りの綱”の保育スタッフに身を寄せていました。はてさて、その正体は、(お待たせいたしました、とばかりに)現れた💦、赤鬼&青鬼!こどもたちの口々からついて出るのは「ギャッ~ッ💦」、「こわい~っ💦」と悲鳴ばかり!!

すると…園長先生を先頭にみんなで「おにはそと~っ!ふくはうち~っ!」と恐怖におののきながらも、勇気を振り絞って豆を手にして鬼退治に参戦してくれた2歳児たち!!実は、昨日「豆まきごっこ」遊びで保育スタッフと”怖くても、豆を投げてやっつけようねぇ~”とひそかに約束を取り交わしたことを健気にも覚えていて、実行してくれたのでした🎶そんな勇気ある行動に、さすがに鬼もこれは敵わんと実感したのでしょう、「助けて~」とばかりすかさず退散していきました👹みんなの勇気ある&見上げた行動力に脱帽です!!(恐怖感から解放され)みんなの力で鬼退治ができたことの達成感からみんなの顔には本来の愛らしい笑顔が戻ってきていました。今回ははじめてづくしのことばかりで”涙腺”が壊れぱなっし💦の節分会となりましたが、最後は”みんなが1年間、元気に過ごせますように!”とおやつ時間には「年齢の数」だけ豆を食べ、無病息災を祈願しました☆
 
 
そして、いつも以上に身体を動かしたのでお腹は”グゥ~グゥ~状態”だったので、(節分の)行事食の味は格別なものとなりました🎶ただ、”パンツをはいた鬼おむすび”には愛着が沸いたようで、最後まで食べようか食べずに持って帰ろうかと思案顔の姿を目にした時にはかわいらしさが感じられ、思わず笑みが漏れてしまいました☆


2017年以前の園便り