園便り

~みんなde思い出づくり~

2018年03月22日 いつかいち(分園)からの園便り

今月半ば過ぎ「発表会&巣立ちの会」を早めに終え、みんなで一緒に遊べる日もだんだんと少なくなってきました…そこで春の陽光の下、みんながまだ行ったことのない公園で大いに遊び、お弁当を食べ、楽しく過ごす、という”思い出づくりの遠足”に出掛けることにしました。しかし、当日は一昨日の雨天ということもあり開催が危ぶまれましたが、日頃のみんなの良い行ないや今日の願いが神さまのところに届き、行楽日和となりました✨そうとくれば、園から少し遠出になりますが、みんなは元気に目的地に向け、歩を進めていきました!!

いつもの公園にもまして急な坂道がいく手を遮るように立ちふさがる感じでしたが、みんなはそんなことより未知なる公園で楽しいことが出来ることの方が勝ったようです。みんなの身体の内からいつも以上に元気がほとばしり、「いち、にぃ~」「いち、にぃ~~」と元気な掛け声をかけ合って、ついには坂道を克服していきました。そして、みんなを歓迎するかのように開花しはじめた桜がお出迎え!!目の前に広がる未知なる世界の公園には目移りするばかりの(シーソー、ジャングルジムや雲梯といった)遊具で一杯、みんなはどれから遊ぼうかと思案顔です。

まずは、おやつで小腹を満たし、その後は各自各様に遊具で遊んだり、広~~い公園内を走り回ったり、公園の回りに植えられた木々などの自然に触れあって一息をついていました。また、みんなで一緒に遊ぶ機会として”しっぽ取り”もし、面白可笑しいひとときを過ごしました!!ですから、どこまでも元気であどけない笑い声で公園は溢れかえっていました!!
 
そこうしていると、みんなのお腹から”グゥ~”と空腹を伝えるサイレンが鳴り始めました。丁度、タイミングよく園の調理スタッフが「お待たせぇ~」とみんなにサプライズ・プレゼントを届けに来てくれました。そう、今日の遠足は、定番のお母さんのものではなく、園で手間暇かけて用意したお弁当だったのです🎶みんなは喜び勇んで各自のお弁当箱を受け取り、それぞれがワクワク、ドキドキしながらお弁当箱の蓋を開けてみると”から揚げ~❤”、”ブロッコリッコリ~”とみんなも大好きなおかずばかりで、大喜び💨普段は、なかなか手がのびないおかずにも遠足で身体を動かし、青空の下のお弁当として出されると不思議と食が進むようであっという間に「ピカ、ピカよぉ~」とすっかり綺麗になったお弁当箱をドヤ顔で見せてくれました。自然の力はすごいですねぇ~

 楽しい時間の過ぎ去るのは早いもの…ただ、行きは集団行動でしたが、帰りは少し変化を入れてみました。0・1歳児は行きと同じ道を、2歳児は別ルートにチャレンジしてみました。そこは、山の上の公園なのでこんもりとはいかないまでも木々の林立する道、でした。こどもたちの言葉を借りれば、”木のトンネル” で、くねくねと曲がり、落ち葉の絨毯が敷き詰められた下り坂。ところどころ、一昨日の雨水で湿った落ち葉もあり、みんなは「すべらんように、ゆっくり行かんとね」とこどもなりに意識高めに慎重に歩を進めていました。以前なら、このような見るからに何かありそうな所には自ら足を踏み入れようとしなかっのに今日は、みんなで来た”思い出遠足”でもあり、勇気を振り絞りチャレンジする姿は何とも頼り甲斐のあるお兄ちゃん&お姉ちゃんに成長してきているんだなぁ~と感じさせるのに十分な程でした。いろんな機会をとらえて、こどもたちがこのような”挑戦する心”を育めるようにしていきたいと思いますし、その為にもこどもたちを温かく見守っていくようにします。

今年度も残すところ僅かですが、明るく元気に楽しく過ごしていけるようにします🎶


2017年以前の園便り