社員インタビュー

2020年中途入社

保育士山田 花子

日本で高校を卒業し渋る両親を説得して、海外の大学へ進学。
卒業後は日本で一般企業へ就職。結婚し、子育てを経る中で、児童英語教育に強く興味を持つ。
ECCでパート勤務後、インターナショナルスクールで保育補助として勤務。
保育士試験を受験して保育士資格を取得し、当社へ入社。


小さい園だからこそできる、柔軟さに憧れました

前の勤務園は、大規模園でした。多くの子どもたちと触れ合う良さはもちろんあるのですが、どうしても組織としての決まり事が多くなってしまいがちでした。小規模な園で、自分のアイディアを活かしながら、子どもたちのあるがままに対して、柔軟に保育をしてみたいと思い、転職をしました。
 ちなみに、スワールの求人は折に触れてチェックしていたのですが、2年くらい全然求人がでていなかったんです。残念ながら、プリスクール業界は離職率がとても高い。そんな業界の中で、スタッフが安定していて、しっかりと保育ができるということも魅力でした。

新しい環境になれて、自分のアイディアをだしていくこと

当然ながら保育全般が業務になります。まずは、園ごとの「違い」について慣れることに集中してきました。園の規模も小さく、縦割り保育を行っている園、未体験で不安は正直ありましたが、「良さ」が少しずつ分かるようになってきました。次のステップは、わたしが思う、子どもたちに「こうしていけばいいのにな」を具体的に提案して、少しずつでも実現していくことです。

やっぱり、小規模園は1人1人とのかかわりが持てるんだな、と実感しています

とにかく子どもの成長がみられて楽しいです。前の園と比べて、それぞれの個性が全面にでている、そんな子どもたち1人1人と関わる時間が持てるのは、とても大きいです。「小規模園だから、子どもたちと深くかかわりを持てます」と、どの園の募集にも書いてあるんですが、スワールは本当にそんな園でした。

将来的には、1人の「先生」として子どもたちとかかわる中で、影響力のある人になりたいな、と思っています。極端な言い方かもしれませんが、幸子ファンをつくりたい、幸子に会えてよかった、と思われるような保育を、実現していきたいです。