園便り

💪元気いっぱい(^O^)/体操教室💪

2018年06月14日 ふるいちからの園便り

季節は”梅雨”。季語・梅雨には別名、”長雨”もあるとされますが、そんなイメージとは裏腹に降る時は大量にザッ~と大粒の雨。その後は、様変わりの晴天続き、時には季節が逆戻りしたのではないかと勘違いしてしまいそうな気候になったりと、小さいお子さんには体調管理がむずかしい今日この頃。にもかかわらず、こどもたちは室内に、戸外にと活動の場所を求め、元気一杯に遊び回っています。
 
今日はそんな梅雨の活動の一コマとして、こどもたちにも大人気の体操教室を紹介させていただきます。それは、こどもたちの口々から発せられる「今日は、体操あるのぉ~?」の言葉に凝縮されています。そこで、「今日は体操教室があるよぉ~」と答えると、「ヤッター~‼」と小躍りして喜ぶ姿に表れています。そうと分かると、未満児のお友だちは早速、身支度にかかるべく引出しから体操服を引っ張り出し、着替えを保育スタッフに目で助けを求めてくる姿が何とも言えず、微笑ましい光景となっています。実際、体操服の前や後を意識し頭を入れ、満足気一杯の笑顔が見えてくるとこれまた愛らしさ満点で癒し効果抜群の一コマとなっています!!
 
先生が「おはよう~」と朝の挨拶をしながら部屋に入室すると、まるでアイドルが来園したかのような黄色の声援で出迎えるという歓待ぶりです。いざ「「レッスン1、今から体操教室を始めます」の言葉に対し、こどもたちは、「よろしくお願いします」とお辞儀をして応じて本番スタートとなります。練習メニューは、月齢に応じた内容で、各月齢が興味関心を引く内容となっています。以上児のお友だちは、知らず知らずの内にパワー全開で身体を動かすこととなり、気づけば汗だく状態…それもそのはず、「今日は忍者よ~」と奇抜なアイデアで興味を引く内容となっているので、体操先生のこどもたちを体操の世界に自然と引き込む、巧みなパワーはさすがです!!
  
未満児は、”よ~~い、どん!”の掛け声で可愛いぬいぐるみに駆け寄り、タッチしてニッコリ😊‼歩きの覚束ないお友だちは、保育スタッフと手つなぎで歩行練習をし、最後はトンネルくぐりをし、出口で「バッ~」と挨拶を交わすというもの。なかなかの笑顔にこちらまで思わずニッコリ!です。最後は、「終わりの挨拶をします。ありがとうございました。」ときちんと挨拶をして体操教室は終了となります。とはいえ、未満児をはじめ、以上児のみんなは先生との暫しの別れを惜しむかのようにずっ~とハイタッチを求めてくるので先生は”なかなか帰れない症候群”に襲われるのは毎度、恒例の光景となってきています。
 
さて、来る17日(日)は、“父の日“ですね。「お父さんにいつもありがとうのプレゼントを作ろうね」の言葉に「パパ大好き~」、「ぼくのとうちゃんね~・・・」とか「お父さん 嬉しい~っていうかね~?」と頼もしい一家の大黒柱のお父さんに思いを馳せながら、キーホルダーのプレゼントを作りました。一人ひとりの思いのこもった作品、どうぞ思いが届きますように!!


2017年以前の園便り