園便り

☆駅前保育園探索の巻~(*’ω’*)☆

2018年06月25日 いつかいち(本園)からの園便り

地域交流の一環から分園に先行する形で、五日市駅前保育園へ以上児と未満児とに分け2日間に亘り、お伺いさせていただきました。中には、同じ学区にあたることもありますが、学区に関係なく、こどもは子どもの世界があるようです。それは、普段顔を合わせているわけではないのに、すぐに意気投合し、一緒に元気一杯に楽しんでいる姿が物語っています。
 
そんな様子をご紹介していきたいと思います☆園に着くと、一通りの挨拶をした後は自由遊びからスタート!以上児のみんなは、多くのお友だちにも全く動じることなくすぐに溶け込み、一緒になって楽しんでいました。園庭には、こどもたちが目移りしそうな遊具で一杯。その中でも、吊り輪や登り棒が気になったようです💨 普段、使うことが少ない腕力を駆使し、一生懸命ぶら下がったり、登ったりし、いつもとは違う景色を楽しみながら遊んでいました😁✨その後は、体操の時間へと続きます💨 最初こそ要領も分からずでモジモジ状態でしたが、徐々にいつもの調子で、身体全体を動かし、時にはダイナミックに時には可愛い仕草でダンシングしていました💃
  
その後は、ミニミニ運動会で盛り上がることになりました🎉 玉入れの輪の中に入り、手あたり次第に玉を手に取り投げ入れ、俄然大興奮状態に!!ただ、勝負の世界には”勝ち”と”負け”はつきもの。ニコニコ笑顔と落胆の顔と対照的な結果が繰り広げられていました👀リレーは、年長児のみの参加となりました。普段、線に沿って走るような規則性は求められないので大変さはあったようですが、そこはみんなでやることなので楽しく取組めていました。そうこうしていると、帰りの時間が迫ってくることとなり「また、あそぼうね~。 ありがとうございました。」ときちんとお礼を言い、みんなで充実感一杯に帰路についていました(*’ω’*)

 
未満児(1~2歳)はドキドキ💖ワクワクしながら園に足を踏み入れることとなりました🏫!! 普段とは勝手が違う分、周りをよ~く観察し、少々慎重な様子でしたが…そこは目の前には魅力的な遊具が一杯なことからいつの間にかそんな慎重さも何処へやらで興味のある遊具でキャッ、キャッと笑い声が響きわたるくらいに遊具遊びに熱中していました🎶そのいい例が、砂場では椅子に座ってみんなでPartyをしたり🍴、お家に入ってバァ~と顔を出してみたりと🏠、たくさん笑顔が見られました😋

 
運動マットを重ねたすべり台は、高くて怖~~い、となかなか一歩が出なかったのですが、勇気を振り絞って登り、いざサッ~と滑っていくことに成功!!むこうの保育園のスタッフに「頑張ったね🚩」と声をかけてもらい、思わず嬉しそうにしていました☆他にも、向こうの園児がトランポリンで楽しんでいるのを傍で見て興味を示し、チャレンジしてみたり、車好きには外せない車運転で園庭を所狭しとドライブしたりと、しっかり身体を動かして遊べました🎠✨
 
しかし、その日は朝から蒸し暑い日でお昼近くの時間帯には真夏日の30℃に達したこともあり、早々とお暇することにしました。ですが、行き帰りも弱音を吐くことなく最後まで歩いた未満児の面々☆ そんな姿から”また一回り逞しくなったなぁ~😆”と💖感慨深く感じ入りました。また、遊びに行けるといいねぇ~~。この場をお借りしまして、五日市駅前保育園の皆様にはご厚意でこのような機会を設けて頂きましてお礼申し上げます。誠にありがとうございました!!


2017年以前の園便り