園便り

👴&👵だけのはずが…!?

2018年09月18日 いつかいち(分園)からの園便り

5月のゴールデンウイークに対し、「敬老の日」がある9月はシルバーウィークと呼ばれ、夏の疲れを癒す連休が期待されるところですが…今年は大型連休とまではいかないまでも2週続きの日月の連休となりました。行楽日和を利用し、どうぞリフレッシュ等で有意義なひとときとなりますように!!昨秋から交流のはじまった近隣の老人施設で14日に「敬老会」があるというのでお呼ばれした11名(2歳児9名、1歳児1名、および0歳児1名)のお友だち。今回は先週の出来事ではありますが、その様子をお伝えします。
 
前日から怪しい天候から参加が危ぶまれましたが、日頃の行ないの良さから午前中の行事は滞りなくこなすことができました。こどもたちにとっては今春の”新玉ねぎの収穫”の場にお伺いした以来、久々とあって「おじいちゃん&おばあちゃん、元気かねぇ~?」など再会を楽しみにしている様子。この日の為に準備したプレゼント用のペンダントを各自のポシェットに携え、こどもたちは軽快な足どりで歩を進め、目的地へと難なく到着しました。今回で5回目となる施設訪問であることから勝手知ったる場でありエントランスへ入るなり、「おはようございます!!」と元気に挨拶したまではいいのですが…そこに待ち受けていたのはこどもたちが想定していた”おじいちゃん&おばあちゃん”ではなく、偶然にも職場体験で居合わせた中学生の面々でビック・サプライズでの敬老会のスタートとなりました!!
 
その敬老会でのこどもたちの出番は2番目で‘しゅりけん忍者”の踊りと”げんこつ山”の歌を披露しました✨まずは、みんなの前できちんと自己紹介をはじめるのですが、物怖じすることなくきちんとした対応が出来ていました。踊りの方は、軽妙に歌詞を口ずさみ、キレキレの動きも相まって最高のパフォーマンスとなりました。そんな光景を目の当たりにし、おじいちゃん&おばあちゃんは思わず「かわい~いっ!」と声援が飛んでいました。また、次の歌では、職員の方も巻き込み、施設全体にこだまするような合唱となり、大盛況でした。そして、本日のメインイベントとも言える”プレゼントタイム❣”こどもたちは一人ひとりの方に「ど~ぞ❤」と持参したペンダントを手渡していくのですが、中には感極まり「ありがとうのぅ~」と涙顔のおじいちゃんやおばあちゃんもおられました。みんなは、こども心なりにプレゼント交流の出来に満足していました。

 

その後は、職場体験で参加していた中学生たちの出番。男女5人で賑々しく合唱で決めていました。最後の締めは、こどもたちにはあまり馴染みのない”二人羽織”を施設の方に演じていただきました。こどもたちは、はじめこそ「?」の反応でしたが、次第にそのコミカルな動きに魅了され、身を乗り出し、食い入るように観て、ケラケラ笑い、楽しく鑑賞しました。その他、ご覧のようなお相撲さんになりきって相撲を取り合う、”祝い相撲”で笑いは最高潮に達し、とても楽しい時間が過ぎていきました。

 
そんな楽しいひとときは、いつにもまして時の流れが早く、いよいよ会も終盤へ突入。おじいちゃん&おばあちゃんからこどもたちが大好きな”お菓子”のプレゼントをしていただき、大喜びの面々。プレゼントはそれだけでなく、以前の新玉ねぎ収穫時にも絵をプレゼントして下さった方から今度は”🐻くまのプーさん”の画を贈呈され、みんなでお礼をしました。そして、次回お会いするハロウィーンまでの暫しのお別れを告げるために、おじいちゃん、おばあちゃん、中学生のお兄さん&お姉さんたちとハイタッチを交わし、ニコニコ笑顔で足取りも軽く帰路につきました。この度の会につきまして、いつもこどもたちを快く受け入れていただけるご厚意や心配りを賜り、こどもたちにとって大変貴重な体験・経験を積まさせて頂く機会を頂戴し、感謝の念に絶えません。この場をお借りし、おじいちゃん&おばあちゃんをはじめ、施設の関係者の皆さまには心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございました!!
 


2017年以前の園便り