園便り

🎄クリスマス会は楽しいよぉ~🎅の巻

2018年12月25日 いつかいち(分園)からの園便り

今年もいよいよ残り僅か…暖冬気味の今冬ですが、年末には”お寝坊さんの冬将軍襲来”との報も流れており、くれぐれも体調管理に気をつけていただき、楽しい年末年始を迎えられるようにしましょう。実際、園児の中にも発熱や嘔吐で体調不調に陥っていることもありますのでお気をつけ下さい。さて、年内いろんなイベントがいろいろとありましたが、一年の締め括り且つ最大のイベントといえば、何と言ってもXmas、と言っても過言ではないでしょう。そんな様子を本日はお伝えいたします。
 
12月に入ると、街並みがクリスマスカラーに彩られ、こどもたちの目に飛び込んでくるものも”サンタクロース&トナカイ”や”クリスマスツリー”など、ばかりではなかったでしょうか…ということで、園内でも12月のカレンダーにはじまり、壁画としてのクリスマスツリー、老人施設へのプレゼントづくり、そしてXmas会用の帽子やリースなどと制作場面でXmasづくし。こうなると、こどもたちも否が応でも”♬早く、来い、来い、(お正月、ならぬ)Xmas!!”気分に浸るのは自然なことです。
 
Xmas会当日、開口一番に「サンタさん来るかね?」と大きな期待の反面、まだ実感として持てないことからくるモジモジ感たっぷりの不安気な顔つき。この日の為に準備したあちらこちらに飾られた顔写真リースがそんな不安な気持ちを紛らわせてくれ、「これ、◯◯のじゃあ~」と自分のリースを見つけはニコッとしたり、クリスマス用の三角帽子を被り、いつしかXmas会は和やかな雰囲気に包まれ、スタートすることになりました。

 
まずは、ペープサート・”あわてんぼうのサンタクロース”を鑑賞し、こどもたちも所々で歌う場面で一緒に歌い、楽しく過ごしていました。すると、何の前触れもなく室内灯が消え、何処からともなく”リン、リン~”と軽やかな鈴の音が耳元に囁くように響きました。そして、背後に人の気配を感じ、振り向くと…”何ということでしょう?”ではありませんが、雪だるまのランプを持ったトナカイに導かれるようにサンタクロースの登場となりました。もちろん、こどもたちは、大きい白い袋も見過ごす訳はありませんので「やったぁ~!!」と歓喜の声が沸き上がりました。
 
毎朝、こどもたちが園で行っている手遊びや”赤鼻のトナカイ”を鈴なども使い、歌ってサンタさんを歓迎しました。そんな歓迎ぶりにサンタクロースさんも大満足のよう。おもむろに「みんな、いい子にしてたからね、今日はプレゼントを持ってきたよ」とサンタクロースさんの声に こどもたちは「うわぁ~っ❤」と思わず立ち上がり、喜びを隠せないようでした。それから、こどもたちは、一人ずつ名前を呼んでもらい、手にしたプレゼントをギュッと大事に抱きかかえる姿を見て、笑ましく感じました。
 

こどもたちはプレゼントの貰いっぱなし、というのもあれなので”サンタ&トナカイ”のオーナメントをお返しにプレゼントすることにしました。最後は、遠路遥々、折角来ていただいたサンタクロースさんと記念撮影。こどもたちは、とっびきりの笑顔で一緒に写真に収まっていたのが印象的でした。
 
そんな楽しいひとときもあっという間に過ぎ、いよいよお別れの時間が来てしまいました。サンタクロースさんが「また、来年会おうね」と優しい言葉をかけてくれると、みんなは「うん!!、また来てね」と名残惜しさを打ち消すかのように健気に応えていました。昨冬に続き、このような素敵な場をこどもたちに提供していただいたサンタクロースさんには心よりお礼申し上げます。
 

Xmas会はこれだけでは終わりません。そうです、身体を動かすと自然とお腹がすく、というのは自然の摂理。そこで、今日は一年で特別な日だけに、給食(含む、おやつ)も特別なものとなっていましたよぉ~。それは、給食が各テーブルに配膳されると一目瞭然となり、こどもたちからも「えっ~」から「やったぁ~」と喜びの声が沸き上がっていました。
 
給食を見るなり、こどもたちの口から「トナカイさんじゃ!真っ赤なお鼻もついとる❣」や「ツリーにお星さんもある」など若干、興奮気味の弾んだ声に現れていました。好きなものを最初に食べる派の子がトナカイがワンポイントのハンバーグに口をつけ、「おいしいっ~」と満面笑みで食べ進んでいたのが印象的でした。さらに、おやつには”いちごムース&トナカイクッキー”と豪華なラインナップでXmas会は、こどもたちにとって満足感たっぷりの一日となっていました。来年は十二支最後の亥年ですが、みんなにとっていい年となりますように!!
 


2017年以前の園便り