園便り

私、似合ってるかなぁ~?

2017年03月04日 いつかいち(本園)からの園便り

3月は弥生。昔の陰暦と呼ばれている暦で、弥生=「いやおい」がなまった言葉とされ、意味は”いやがうえにも草木がしげる月だそうです。そう聞くとなんだか、今月は先月に比べ、だんだんと気候変化がゆるくなってきて、より暖かさが実感できるようになった気がします。現代、春の代表的な風物詩は桜ですが、平安朝時には梅が重宝がられ花見をしたそうです。そんな名残りが五節句の一つである”桃の節句”として引き継がれているのかもしれません。五月の端午の節句に対し、女の子の幸せや成長を祝う行事となっているのはご承知の通りです。当日はひな祭りの由来等を楽しいペープサートでおさらいした後、ご覧のようなお内裏さまとお雛様に即興でなれる顔出し看板風のものを利用して、ひとときの貴族気分に浸ることとなりました。他の子が注目する中、臆することなく逆にニコニコと笑顔で楽しんでいました。でも、中には初めての挑戦に尻込みする子もいたりと対応も様々でした…その後、お昼ご飯は行事食で色とりどりに飾りつけされたひな祭り寿司に舌鼓をうち、おやつにはひなあられを締めに食べて大満足のひな祭りの会となりました。何はともあれ、五月の端午節句も含めて性別関係なくみんなが健康で元気に成長していくことを心より祈念していく機会にしたいと思います。


2017年以前の園便り