園便り

~冬の猛威も一服~

2017年02月11日 いつかいち(本園)からの園便り

今年はお正月とは思えない程の穏やかな日で幕開けとなり、その後も”本当に冬?”と季節感が実感できない日々が続いていました。そして、1月末近くに典型的な最近の天候傾向を映した厳寒な冬が顔を覗かせ大雪が当地にも襲来。そして、ドカ雪によりあたりは銀世界へと一変しました。幸い、週末限りの出来事で日常生活には大きな影響はありませんでした。そして、冬といえば”インフルエンザ感染”の脅威が取沙汰されますよね。近隣の学校等の施設では流行っているとの噂は耳にしていましたが、当園には特段の影響がなく、このまま”左団扇で過ごせる”と思っていたのも束の間、とうとう厳寒がインフルエンザの猛威をも運んできたようで1月下旬から順繰りと感染者がパラパラ出始め、大変な月末月初となりました。それも、どうやら一服し落ち着きを取り戻しつつある今月半ば近くとなり、ようやく平穏な春のひとときが過ごせるようになってきました。しかし、今週末には前回を超える厳寒の猛威襲来が予想されているので引き続き、身を引き締めて「冬」を越していきたいと考えています。ご覧の様子はそんな感染症を乗り越え、(普段はおもちゃの取り合い等大変な時もある仲ながらも)今日は仲良く協同作業で積み木を慎重に高く積み上げている仲良し二人組の一コマです!


2017年以前の園便り