園便り

☆きれいになった駅前保育園de楽しいひととき~☆

2017年10月27日 いつかいち(本園)からの園便り

当園は五日市駅前北口に位置し、近隣に公立の駅前保育園もあります。実は、先日ご案内しました運動会で使用する競技用品をそこからお借りしたことがあり、それがご縁で「運動会後、同じ学区ということもあり遊びに来ませんか」とのお誘いを頂きました。その後、台風による天候不順が続き、なかなか実現することができないままでしたが、月末近くの今週に天候がようやく回復したので、木曜日に(含む、分園)未満児そして金曜日に以上児のみんなで駅前保育園へ遊びに行かせてもらいました。いつもの公園にはない、いろんな遊具やたくさんのお友だちを目の前にして緊張半分…興味半分…な様子でした☆未満児は最初、緊張して固まってしまうこともありましたが…そこは所詮、こどもの世界はこども同士で相通ずるものがあるようです。次第に視界の中に入ってくる、楽しそうな車の乗り物にトランポリンや吊り輪の前に歩を進め、いつの間にか一緒に楽しむ姿が見られるようになりました。当然のことながら、駅前保育園のお友だちとも自然と交わり、跳び箱の上に乗りジャンプしたり、マットのトンネルを笑顔で通り抜けたりと、しっかり身体を動かして楽しいひとときが過ぎていきました。
            
以上児は未満児の様子を聴いていたこともあり前日からワクワク・ドキドキと期待に胸を膨らませていました。現地に着くなり、『どんなことするの~?』と早く遊びたいと、はやる気持ちを抑えることができないようでした。また、たくさんのお友だちを見て『何人おるんかね~?』と驚きを隠せない様子でした。そんな状況でも臆することなく、初対面にもかかわらず自ら『一緒にあそぼ~』、『何才?』と積極的に声掛けをして関わりを持とうとしていたのには驚かされました…まずは、一緒に体操をし、年少さんはわらべ歌の”なべなべそこぬけ”遊びをしたり、ハードル走のように低いハードルの上を颯爽とjumpして走り抜けて行きました!!先生に『上手だね!』と褒めてもうと、思わずニッコリと満面の笑顔となっていました。

年中児は、2つのグループに分かれて玉入れをしました。運動会を再現するように元気一杯、頑張ってカゴめがけて玉を投げ入れていました!!年長児は、リレーに挑戦しました。園では人数が少ないこともあり、なかなか実現できないリレーをすることが出来、とても貴重な体験をさせてもらい大満足の様子でした。そして、お別れの時間が迫る頃には、スッカリ仲良くなったお友だち同士となり、『ばいばーい‼また遊ぼうね☆』と嬉しそうに再会を祈念しあう姿がとても印象的でした。このような地元の施設交流は地道ながら大切な機会ですし、今後とも機会が合えばお邪魔できればと思っています。


2017年以前の園便り